理系弁護士、特許×ビール×宇宙×刑事

理系弁護士・弁理士。特許、知財、宇宙、ビール、刑事事件がテーマです。

弁理士

特許実務-進歩性の基本的考え方(ケース2)

進歩性の基本的考え方-ケーススタディ2 はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方のケーススタディ2です。 前回のケーススタディ1は、下記記事です。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com masakazu-kobayashi.hatenablog.com ケーススタディ2 事案はケース…

特許実務-進歩性の基本的考え方(ケース1)続き

はじめに 今回は、前回の下記記事の続きである進歩性の基本的考え方のケーススタディ1の続きをご説明したいと思います。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com ケーススタディ1(続き) 仮想事例 上記スライドにあるように、仮想事例ではありますが、本件発…

特許実務-進歩性の基本的考え方(ケース1)

ケーススタディ1 はじめに これまで、13回にわたって、進歩性の基本的考え方について記事にしてきました。 論理付けやら、本件発明の課題、効果など、進歩性の文脈で問題となるトピックについて説明してきました。 これからも暫くは続けていく予定なので…

進歩性の基本的考え方(13)【技術的思想ないし技術思想】

技術的思想(技術思想) ※私見(諸説あり) はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(13)として、技術的思想(技術思想)をテーマにしたいと思います。 技術的思想(技術思想)の意義 進歩性判断の文脈でも、裁判例などで、時々「公知文献は、特許発明と…

特許実務-進歩性の基本的考え方(12)【進歩性の判断者の特質】

判断者(審査官、審判官、裁判官)の違い はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(12)として、進歩性の判断者(審査官、審判官、裁判官)の特質について書きたいと思います。 ここ最近、下記3つの記事のとおり、進歩性判断における、①本件発明の効果、②…

特許実務-進歩性の基本的考え方(11)【課題・構成・効果のイメージ】

進歩性判断のイメージ(山登り) はじめに 今回は、進歩性判断の基本的考え方(11)として、進歩性判断のイメージ(山登り)についてご説明したいと思います。 下記の前回、前々回の記事で、本件発明の効果、本件発明の課題についてご説明しました。 masak…

刑事事件-東京23区の警察署(留置施設)

東京23区の警察署(https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/shokai/ichiran/psmap.html) はじめに 今回は、東京23区の警察署(留置施設)について書きたいと思います。 www.keishicho.metro.tokyo.jp 東京23区の警察署 冒頭の地図にあるよう…

特許実務-進歩性の基本的考え方(10)【本件発明の課題】

特許発明の課題の取扱い はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(10)として、 進歩性判断の文脈における本件発明の「課題」の取扱いについてご説明したいと思います。 前回は、下記記事で、進歩性判断の文脈における本件発明の「効果」についてご説明し…

進歩性の基本的考え方(9)

予測できない顕著な効果(イメージ) はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(9)として、予測できない顕著な効果をテーマとして、進歩性について考えてみたいと思います。 進歩性判断における、予測できない顕著な効果 本件発明の効果が、進歩性判断にお…

特許実務-進歩性の基本的考え方(8)

動機付け要素等の把握の注意点 はじめに 今回は、動機付け要素等の把握の注意点をテーマとして、進歩性の基本的考え方についてご説明したいと思います。 動機付け要素等の把握の注意点 進歩性判断(組合せ可否の判断)における動機付け要素等の役割(例えで…

特許実務-進歩性の基本的考え方(7)

進歩性を否定するロジックの強さ はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(7)として、進歩性を否定するロジックの強さをテーマとして、進歩性についてご説明したいと思います。 内容は、ここ3回くらいの進歩性の判断枠組みの復習のような感じです。 判断…

特許実務-進歩性の基本的考え方(6)

はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(6)として、「課題の共通性」とは?(課題の概念レベル)をテーマとして、進歩性について考えてみたいと思います。 前回までの記事は、以下のとおりです。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com masakazu-kobayashi.h…

特許実務-進歩性の基本的考え方(5)

はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(5)として、動機付け要素(総合考慮による判断)をテーマに、進歩性についてご説明したいと思います。 前回までの記事は以下のとおりです。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com masakazu-kobayashi.hatenablog.com …

特許実務-進歩性の基本的考え方(4)

はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(4)として、進歩性の判断枠組みをテーマとして、進歩性についてご説明したいと思います。 これまでの記事は、進歩性の性質についての内容で、以下のとおりです。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com masakazu-kobay…

特許実務-進歩性の基本的考え方(3)

論より証拠(証拠>>>論理) はじめに 前2回の進歩性の基本的考え方(1)、(2)では、進歩性の性質について、ご説明しました。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com masakazu-kobayashi.hatenablog.com masakazu-kobayashi.hatenablog.com 今回は、進歩…

特許実務-進歩性の基本的考え方(2)

進歩性の性質(続き) はじめに 今回は、進歩性の基本的考え方(2)です。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com masakazu-kobayashi.hatenablog.com 前回の続きで、進歩性の性質についてです。 1.進歩性の判断に真理(絶対的正解)はない。 前回の進歩性の…

特許実務-進歩性の基本的考え方(1)

進歩性の考え方 はじめに 前回予告しましたように、元審査官、弁護士・弁理士の立場から、進歩性の基本的考え方について、記事にすることにしました。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com トピックとしては、以下のものを考えています。 進歩性の基本的考え…

特許実務-進歩性の基本的考え方(0)

進歩性の考え方(サンプルスライド2-動機付け要素(総合考慮による判断)) はじめに 以前に、「進歩性について考える」とのタイトルで、(その1)から(その7)まで記事を書きましたが、短期間で終わってしまいました。 masakazu-kobayashi.hatenablog.…

ブログを始めて半年が過ぎました。

ライン川クルーズ(30代前半、2006年頃) はじめに ブログを始めてから半年が過ぎました。 ちょっと振り返ってみたいと思います。 冒頭の写真は、30代前半のころの私です。ドイツのライン川下りでの一枚です。 その後、ドイツに留学するとは思っても…

特許入門24-紛争時対応(被疑侵害者側)続き

はじめに 前回の下記記事では、特許入門として、被疑侵害者側の紛争時対応(警告レターをもらってから)についてご説明しました。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com その続きです。 無効審判・異議申立て、特許無効の抗弁 前回ご説明した(特許発明の構成…

特許入門23-紛争時対応(被疑侵害者側)

はじめに 今回は、特許入門のタイトルで、被疑侵害者側(被告側)の紛争時対応についてご説明したいと思います。 内容は、おもいっきり特許実務なので、特許実務のタイトルに含めるべきかとも思いました。 しかし、以下の内容はというと、特許分野にいる方に…

特許入門22-発明をしてみよう(発明の発掘・創出)その2

はじめに 前回の特許入門では、発明をしてみよう(発明の発掘・創出)と題して、発明がどの ような発想から創出されるのか、についてご説明しました。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com 具体的な発想としては、 ① 「一体⇔別体」アイデア、 ② 兼用アイデア…

特許実務-企業と大学との共同研究契約(その2)

はじめに 前回は、企業と大学との共同研究契約について、重要なポイントをご説明しました。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com 少し、書き足りなかったので、補足したいと思います。 研究成果の公表 大学にとっては研究成果を公表することは実績であり、い…

特許実務-企業と大学との共同研究契約

はじめに 今回は、企業と大学との共同研究契約において、よく問題となる点について、記事にしたいと思います。 特許権等の帰属 共同研究の過程において、発明等が創作された場合、特許を受ける権利等は、理論的には、①企業の単独、②大学の単独、あるいは、③…

ビール紹介(DA-1840-EU from クロアチア)&(Vizir Honey Ale from スロベニア)

はじめに 今回のビール紹介は、クロアチア共和国とスロベニア共和国のビールです。 www.google.de www.google.de 私は、ドイツ・ミュンヘンで2年間の留学・研修している間に、これまでビール紀行で紹介しているものも含めて、ヨーロッパ21カ国を訪問しま…

特許入門21-発明をしてみよう(発明の発掘・創出)

はじめに 最近、「特許実務」記事ばかりで、やや実務的、専門的に過ぎたので、久しぶりに、「特許入門」記事を書いてみようと思います。 テーマは、「発明の発掘・創出」です。 発明の発掘・創出 発明といっても、「エジソンなどの凄い人でないと発明なんて…

ビール紹介(欧和:OWA)from ベルギー

欧和ビール はじめに 今回は、「欧和」(OWA)というビールを紹介したいと思います。 欧和 いつものように、成城石井のビール・コーナーを巡回していたら、ラベルに「欧和」(OWA)と書かれたビールを偶然発見しました。しかも、1本だけしかありませ…

特許実務-部品・部材の供給を受ける場合の問題点

はじめに 「部品・部材の供給」関係の問題点は、本当にたくさんあります。 以前にも、この問題に関連する事例を取り上げました。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com もう1つ取り上げたいと思います。 事例 ・X社は、Y社に、X部材を供給している。 ・Y…

特許実務-間接侵害(製造方法の発明で、実施許諾がある/ない場合)

はじめに 最近は、部品・部材の供給・納品と間接侵害についての記事を連続していますが、前回に引き続き、間接侵害の話題です。 masakazu-kobayashi.hatenablog.com 事案 先の業務委託先でのプレゼンでも事案として取り上げた事例なのですが、 ① X社は、あ…

特許実務-間接侵害のリスクが高い部品・部材

間接侵害等に関するプレゼンの項目 はじめに 本日、私が業務委託で働いている会社で、間接侵害等のリスク分類とそのポイントについてプレゼンをしました。同タイトルで総論のお話をし、各論として出席者から事前に頂いた5件の間接侵害が問題となる具体的事…